「希」

白川静『常用字解』
「象形。すかし織りの布の形。上の爻がその織り方、下の巾が麻の布である。もと希(まれ)(数が少なくてめずらしい様子)の意味に用いたが、それは布の織り目があらいからであろう。のち希(まれ)の意味には稀を使うようになり、希は“ねがう” の意味に用いられる。それは希の音が覬・幾・冀と近く、これらは“ねがう”とよむ字であるから、通用するようになったのであろう」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、意味の解釈や展開に疑問がある。布の織り目があらいから、数が少なくてめずらしい意味になったというが、古代ではシルクよりも麻が普通の素材であって珍しくない。 また「ねがう」の意味が覬・幾・冀の仮借だというが、語の深層構造を捉えていない。これは白川学説の特徴で、合理的な意味論がない。白川説は言葉という視座を欠くから当然かもしれない。

語の深層構造を捉えるにはコアイメージの概念を導入する。稀(稠密ではなく小さな隙間があいている、まばら)・ 晞(水分が少なくなって乾く)・絺チ(細かい隙間のあいた布で作った衣)などから、希のコアイメージを演繹できる。それは「小さい」「少ない」「細かい」というイメージである。「隙間が小さい」から「空間的に近い」というイメージにもなる。希・僅(わずか)・近・幾(少ない、近い)・飢(食料がわずかでうえる)などは同源のグループである。
次に字源を検討する。希は「爻+布」と分析できる。爻はX(二線が交わる形)を二つ重ねて、X形に交差するというイメージを示す記号。巾は布や織物と関わる限定符号。したがって希は「爻(イメージ記号)+巾(限定符号)」と解析する。糸をX形に交差させて織る情景を設定した図形である。これは稠密な絹織物とは違って、麻のような目のまばらな夏服(絺)を作る状況から発想された図形といってよい。これによって「小さな隙間があいている」というイメージを希で表すことができる。
『老子』に「大音は希声」(大きな音はかえってかすかで聞こえない)という用例がある。「小さな隙間があいている」は「小さい」「かすか」「まばら」というイメージにもなる。形態では「小さい」、数量では「少ない」、音声では「かすか」のイメージである。
「数が少ない」のイメージ から「チャンスが少ない」「めったにない」という意味が実現される。これが希少・希有の希。「隙間が小さい」は「空間的に近い」というイメージにもなる。求める対象に近づこうとする心理を希という。希望の希(そうあってほしいと願う)がこれである。