「奇」

白川静『常用字解』
「会意。A(キ) と口とを組み合わせた形。口はㅂ(サイ)で、神への祈りの文である祝詞を入れる器の形。Aは把手のついている大きな曲刀。奇はこの曲刀で神を責めて、祈りごとが実現することを求めるの意味で、可の字と作り方が近い。大きな曲刀を使って神に祈るというような祈り方は、普通のことではないので、“ことなる、あやしい”の意味となる」
A=[大+㇆](奇から口を除いた部分)

[考察]
疑問点①Aのキ、ㅂのサイは漢字の読み方だろうか。だとすれば漢字の読み方は文字の符牒(例えばbのビー、αのアルファの類)ということになり、甚だ奇妙なことになる。というのは漢字の音とは漢語の読み方(記号素の音声部分)であって、言葉(聴覚記号)そのものだからである。キやサイは古代語でどんな音形をもつ言葉なのか、白川説では明らかにしていない。だいたいAは単独の文字ではない。ㅂも口(コウ)ではないとしたら、単独字なのか。白川説にしか存在しないもので、判断のしようがない。②祝詞は口で唱える言葉である。これを器に入れるとはどういうことか。わざわざ布や竹札に文字を書いて器に入れるのだろうか。祈り事の内容によっては膨大な字数になる。折り畳んだら器に入らないことはないだろうが、こんな行事(儀礼)が存在しただろうか。③曲刀で神を責める行為とは何であろうか。脅迫行為で神に祈願するとは考えにくい。④A(曲刀)とㅂ(器)を合わせただけで、「曲刀で神を責めて祈り事が実現することを祈る」という意味になるだろうか。⑤曲刀を使った祈り方が普通ではないから「あやしい」という意味になるだろうか。いずれも疑問である。

字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。字形は何とでも解釈できる。言葉という視点がないと恣意的な解釈に陥る危険がある。それに歯止めをかけるのは、言葉の意味の確定と、語源を探求することである。言葉の意味は古典の文脈を調べることで分かる。奇は次の用例がある。
 原文:珍禽奇獸、不育于國。
 訓読:珍禽・奇獣は国に育せず。
 翻訳:珍しい鳥や変わった獣は、わが国では生育しない――『書経』旅獒

奇は普通とは変わっているという意味で使われている。これを意味する古典漢語がgiar(呉音ではギ、漢音ではキ)であり、それを代替する視覚記号が奇である。奇は「可(音・イメージ記号)+大(イメージ補助記号、また限定符号)」と解析する。可が言葉の深層構造と関わる部分である。可は「ᒣ形に曲がる」というコアイメージをもつ(詳しくは111「可」を見よ)。ᒣの形はᒪの形でも∠の形でもよい。これらはバランスを欠いた形である。だから可は「バランスを欠いて片寄る」というイメージも表せる。大は「おおきい」という意味だが、図形としては大の字型に立つ人の形であり、これは正常に立つ人の姿である。大は「正常に立つ人」に関わる具体的な場面を作る働きをしている。だからイメージ補助記号と限定符号を兼ねる。かくて奇は正常に立つ人が姿勢を∠の形に傾けたために正常ではなくなる情景を設定した図形と解釈できる。この図形的意匠によって、普通ではなく変わっていることを意味するgiarを表記する。
常識では考えられない不思議なこと、怪しいという意味(奇怪・怪奇の奇)はその転義である。