「祈」

白川静『常用字解』
「形声。音符は斤。古い字形には、單(盾の形)や神に対する誓いの言葉を意味する言をそえた字形、また旗の形をそえた字形がある。そのことから考えると、祈は軍の遠征や狩猟の成功を祈り願う字のようである」

[考察]
白川漢字学説は形声の説明原理がなく、すべて会意的に説く特徴がある。しかし本項では斤の説明ができないので、字源を放棄している。單や旗の形を含む字形から、軍の遠征や狩猟の成功を祈り願う意味と推測した。しかしこんな意味は祈にない。
意味とは字形から来るのではなく、古典に使用されて、その文脈から判断されるものである。言葉の使い方が意味である。文脈を離れては意味の捉えようがない。祈は次の用例がある。
 原文:以御田祖 以祈甘雨
 訓読:以て田祖を御(むか)へ 以て甘雨を祈る
 翻訳:田の神様をお迎えし 恵みの雨をお祈りする――『詩経』甫田

祈は神にいのる意味で使われている。これ以外の意味素は含まれていない。祈る対象は神であるが、何を祈るのか。おそらく幸福であろう。現世利益のこともあろう。これは一般に恩恵と考えてよい。幸福や恩恵を手に入れようと願い求める行為が「いのる」である。古典漢語では祈と禱という行為がある。違いは禱は声を出していのることだが、祈は声とは関係がない。祈はgiər(呉音ではギ、漢音ではキ)という音形をもち、幾・几・僅などと同源で、「隙間がせまい」「小さい」「少ない」というコアイメージがある。このイメージは「近い」「近づく」というイメージにも転化する。祈は近・圻キ(=畿。都に近い土地)と最も近い。
祈は「斤(音・イメージ記号)+示(限定符号)」と解析する。斤は「おの」を意味するが、実体に重点があるのではなく、形態や機能に重点を置く。おのは木を切る道具である。刃先を対象に近づけて、狭い隙間に入れる。「(距離的)に近づく」というイメージがある。また「隙間がせまい」というイメージがある。後者から「小さい」「わずか」というイメージにも転化する(382「斤」を見よ)。示は祭壇の形でもって、神や祭祀と関わることを示す限定符号。かくて祈は神に願って、求める対象に限りなく近づく状況を暗示させる。この図形的意匠によって、「神にいのる」ことを意味するgiərの視覚記号とする。