「紀」

白川静『常用字解』
「形声。音符は己。己は糸を捲き取る糸巻きの形。己は紀のもとの字であろう。それで紀は糸巻きに糸を捲き取ること、おさめるの意味となる」

[考察]
「己」の項では「直角に曲がった定規に似た器の形」とある。これを糸巻きに用いるのは考えにくい。字形の解釈に疑問がある。また紀を「糸巻きに糸を巻き取る」の意味とするが、こんな意味は紀にない(『漢語大字典』『漢語大詞典』)。
図形的解釈と意味を混同するのが白川漢字学説の特徴の一つである。図形の解釈と意味が混然として区別がない。図形の解釈をストレートに意味とするため、意味に余計な意味素が入り込む。意味とは言葉の意味であって、文脈から出るものである。紀は次の用例がある。
①原文:譬若絲縷之有紀、罔罟之有綱。
 訓読:譬へば糸縷に紀有り、罔罟モウコに綱有るが若(ごと)し。
 翻訳:喩えて言えば、糸には糸口が、網には綱があるようなものだ――『墨子』尚同
②原文:勉勉我王 綱紀四方
 訓読:勉勉たる我が王 四方を綱紀す
 翻訳:いちずに励む王様は 四方の国を治めてる――『詩経』大雅・棫樸

①は糸口の意味、②は治めるの意味で使われている。文献は『詩経』の方が古いが、意味は①から②へ展開したと考えられる。糸口は糸を引き出すための先端の目印であり、それをもとにしてスムーズに整理を進める。だから物事の端緒→きちんとした筋道→きちんと筋道をつける→物事を順序立てて整理する、と意味が展開する。「きちんと筋道をつける」ことが「治める」ことである。
糸口の意味の古典漢語がkiəg(呉音ではコ、漢音ではキ)であり、これを紀と表記する。己は伏せたものが起き上がる(立ち上がる)様子を示す象徴的符号である(497「己」を見よ)。伏せたもの、目立たないものが立ち上がると、目立った姿が現れる。だから己は「目立つ印、目印」というイメージを表すことができる。したがって「己(音・イメージ記号)+糸(限定符号)」を合わせた紀は、繭から糸を製する際、糸束の先端につける目印を暗示させる。これが糸口の意味を暗示させる図形的意匠である。図形的意匠は意味と同じではない。意味を暗示させるだけである。