「寄」

白川静『常用字解』
「形声。音符は奇。奇は把手のついている大きな曲刀をㅂ(祝詞を入れる器)に加えている形で、かたよる、すぐれるという意味がある。またその曲刀の形は不安定で、まっすぐに立つことができないから、ものによりかかることを倚イという。曲刀を神聖なものによりかからせることを奇という。“よる、たよる、まかす” の意味に用いる」

[考察]
疑問点①寄は「宀+奇」からできているのに、宀の説明がない。宀は何か。②「奇」の項では「曲刀で神を責めて祈り事が実現することを求めるの意味」とあって、「かたよる」という意味はない。不統一である。③曲刀が不安定でまっすぐ立てないから、寄りかかる意味が出て、「曲刀を神聖なものによりかからせる」のが寄の意味とするが、これはいったい何のことか。意味の展開に合理性がない。
字形から意味を導くことに無理がある。意味は言葉の意味であって、字形にあるのではない。古典の文脈から判断すべきである。寄は次の用例がある。
①原文:無所得寄宿。
 訓読:寄宿を得る所無し。
 翻訳:身を寄せて宿る所が得られなかった――『戦国策』趙策
②原文:可以寄百里之命。
 訓読:以て百里の命を寄すべし。
 翻訳:[この人なら]大国の政治をあずけることができる――『論語』泰伯

①は一時的によそに立ちよる(身を寄せる)意味、②は何かをよそに一時的にあずける意味で使われている。これを古典漢語でkiar(呉音・漢音でキ)といい、これに対する視覚記号が寄である。これは「奇(音・イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析する。可は「ᒣ形や∠形に曲がる」というイメージがあり、奇は|(縦)や⊥形(まっすぐ)に立つ人が姿勢を崩して∠形に傾く状況を設定した図形で、「∠形に傾く、片寄る」というイメージがある(265「奇」を見よ)。↑の方向にまっすぐ進むものが∠の形に方向を変えるのは、どこかに立ち寄る場合である。旅をする人が宿る場合も同じような状況である。したがって寄は人がまっすぐ通過しないで、他人の家の方向に体が傾いて、そこにとまる情景を設定した図形である。この意匠によって、一時的に身をよせる、一時的に身をあずけることを意味するkiarを表記する。