「規」

白川静『常用字解』
「会意。夫と見とを汲み合わせた形。夫のもとの形はぶんまわし(円を描く道具、コンパス)。夫婦の夫の字ではない。規は“ぶんまわし” で、円をえがくのに使った。ぶんまわしを使って円をえがくえがき方から、“はかる、手本”という意味が生まれたのであろう」

[考察]
夫がコンパスで、規をコンパスの意味とする。見は何かの説明がない。夫をコンパスの形とする説は白川以外にない。中国では夫は矢の間違いとする説が古くからあり(夫と矢の篆文は似ている)、『正字通』(明代の字書)では䂓を正字としている。おそらくこれが正しい。
また、ぶんまわし(コンパス)からの意味展開の説明が不十分で分かりにくい。

矢は末端(矢筈)がYまたは∧の形をしている。だから矢でY形、∧形というイメージを表すことができる。見は見えないものが姿を現すことで、「姿を現す」のイメージを添える。したがって「矢(イメージ記号)+見(イメージ補助記号)」を合わせて、∧の形を回して〇の形を現出させる情景を暗示させる図形。この意匠によって、コンパスを意味する古典漢語kiueg(呉音・漢音ではキ)を表記する。
意味はコンパス→丸い枠(円形)→丸い枠を描く(丸く区切る)→行為の基準としてはめられる一定の枠(決まり)→枠から外れないように正す→何かをしようと心に思い描く(はかる、はかりごと)、と展開する。4番目が規則・規範の規(手本)、6番目が規画の規(はかる)の意味である。