「菊」

白川静『常用字解』
「形声。音符は匊。説文に菊は“大菊なり”とするが、大菊はなでしこ、かわらなでしこの類で、今の秋に咲く菊ではない。秋の菊のもとの字は䕮であった」

[考察]
匊からの説明ができないので、字源を放棄している。
戦国時代の『呂氏春秋』に「菊に黄華有り」(キクに黄色い花が咲いた)という用例があり、今のキクと同じ意味で使われている。
キクは古典漢語ではkiok(呉音・漢音でキク)といい、菊と表記された。これは花の形態的特徴に着目して名づけられた。匊は「勹(周囲を↺の形に丸くめぐらす符号)+米」を合わせて、両手で掌を丸めて米粒をすくう情景を暗示させる図形。両手を丸めるので〇の形を呈する。匊は掬(すく)の原字である。匊は「丸く中心に集まる」というイメージを表す記号になる。多くの小花が丸く中心に向けて放射状に集まるキクの特徴を捉えて、「匊キク(音・イメージ記号)+艸(限定符号)」を合わせた菊が成立した。