「却」

白川静『常用字解』
「会意。去は大(人の形)と𠙴(キョ) (祝詞を入れる器のᄇの蓋をとった形)とを組み合わせた形。裁判は古い時代には裁判官が裁くのではなく、神意に従う神判の形式で実施され、祝詞を唱え、神に誓って行われた。それで裁判に敗れ、有罪になった人(大)は、祝詞は不正であったのでᄇの蓋を外して𠙴としたものとともにすてられた。去は“すてる”というのがもとの意味。卩は跪く人の形であるから、却はすてられるもの、しりぞけられるものを拝している形で、“すてる、しりぞく”の意味に用いる」


[考察]
疑問点①祝詞は口で唱える言葉なのに、なぜ器に入れるのか。唱えるべき言葉を板や布に文字で書くのか。そんなものが存在した証拠があるのか。疑わしいことである。②「去と卩」の図形からなぜ裁判が出るのか。裁判に祝詞は付き物だろうか。③有罪になった人が器の蓋を外すというのはどんな理由からか。なぜそれを捨てるのか。④なぜ捨てるものを拝する必要があるのか。⑤却に「すてる」の意味があるのか。
疑問だらけである。
字形から意味を導くのは言語学に反する。意味は言葉に属するものであって、字形に属するものではないからである。字形は言葉を表記する手段に過ぎない。言葉という視点がなく、字形だけから意味を導くと、往々恣意的な解釈に陥りがちである。しかも図形的解釈と意味が混乱して、それの区別があいまいである。
却の具体的文脈における用法を見てみよう。ここから意味を求める以外にない。
 原文:逡巡而却。
 訓読:逡巡して却く。
 翻訳:ぐずぐずしながら退却した――『荘子』秋水

却は後ろに引き下がる意味で使われている。この言葉を古典漢語ではk'iak(呉音ではカク、漢音ではキャク)という。これに対する視覚記号は篆文では卻になっている。隷書の段階から却に変わった。まず卻について。谷(「たに」ではなく郤の左側)は鼻溝を表す図形。実体に重点があるのではなく形態に重点がある。鼻溝の形態的特徴は「へこむ」というイメージ。図示すると∪の形である。これは上から下方に下がる形と見ることもできる。ここから「一線から下方に下がる」というイメージに展開する。卩は跪く人の形。膝を折ると膝から後方に∠の形に引き下がる部分が残る(この部分が脚である)。「谷(ケキ)(音・イメージ記号)+卩(イメージ補助記号)」を合わせた卻は跪くと脚が後ろに下がるように、あるものが一線から後方へ引き下がる状況を暗示させる図形。
次に却について。谷を去と取り換えたもの。去は「𠙴+大」と分析できる(土は大の変形、厶は𠙴の変形)。𠙴は底のくぼんだ箱の形であるが、実体に重点があるのではなく、「くぼむ・へこむ」というイメージだけが取られる。大は人の形。したがって「𠙴(キョ)(音・イメージ記号)+大(限定符号)」を合わせた去は人が一線から下方(後方)にへこんでいく(引き下がる)情景を設定した図形。去も谷と同じイメージを表している(335「去」を見よ)。字体が卻から却に変わっても十分にk'iakの視覚記号となりうる。