「客」

白川静『常用字解』
「会意。宀は大きな屋根の形で、祖先を祭る廟。各はㅂ(祝詞を入れる器)を供えて祈り、神を招くのに応えて神が天から降る形。客は廟の中に降下し格(いた)る神で、他から迎えた神(客神という)である」

[考察]
形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。その際会意の原理が取られる。会意の原理とはCが「A+B」の場合、Aという字の意味とBという字の意味を合わせたものをCの意味とする。宀(廟)+各(神が天から降る)→廟の中に降下した神という意味を導く。
ここで疑問。①宀(建物、家)を廟に特定できるだろうか。②祝詞は口で唱える言葉だが、これを器に入れるとはどういうことか。神に祈るには祝詞を唱えるべきで、器に入れることは想像しにくい。③廟の中に降下した神とは何のことか。これが客神とは何のことか。理解ができない。
各は明らかに音符であるが、形声の説明原理がないのが白川漢字学説の特徴である。だから会意で解釈した。
形声の説明原理とは言葉の深層構造から発想することである。言葉の深層構造は音・イメージ記号である各にある。まず客の用例を古典で見てみよう。
 原文:爲賓爲客 獻醻交錯
 訓読:賓と為り客と為り 献醻交錯す
 翻訳:当家のお客となって あちこちで酒のやりとり――『詩経』小雅・楚茨

明らかにお客(ゲスト)の意味である。主に対する語が客である。自分の家にじっと構えて動かない人が主、それに対して、よそから他家にやってきて一時的にとまる人が客である。これをk'iăk(呉音ではキャク、漢音ではカク)といい、その視覚記号を客とする。これはどんな意匠のある図形か。
「各(音・イメージ記号)+宀(限定符号)」と解析する。各は歩いてやってきた足がある地点で止まる情景で、→|の形、すなわち「(固いものに)つかえて止まる」というイメージを表す記号である(176「各」を見よ)。したがって客は他人の家にやってきて足を止める情景を暗示させる。これが客の図形的意匠である。