「逆」

白川静『常用字解』
「形声。音符は屰。屰は大(手足を広げて立つ人の形)を逆さまにした形で、向こうから来る人を上から見た形。道を歩くという意味の辵を加えた逆は、進むとは逆の方向で、迎えるの意味となる。のち。屰は大を逆さまにした形であるから、順逆の意味に使い、すべて道理に反することを逆といい、“さからう、そむく” の意味に用いる」

[考察]
おおむね妥当な字解ではあるが、疑問が二つある。①屰が「向こうから来る人を上から見た形」とはどういうことか。上空から下を見下ろした形なのか、高い建物などから人を見た形なのか。②「さからう・そむく」の意味は屰の仮借なのか。
逆の「迎える」と「さからう・そむく」の意味が統一的に説明できないのは言葉という視点がなく、形声の説明原理をもたないからである。コアイメージという概念を導入すれば、「迎える」と「さからう・そむく」がコアイメージによる意味展開として統一的に把握できる。
古典における逆の具体例を見てみよう。
①原文:當堯之時、水逆行、氾濫於中國。
 訓読:尭の時に当たりて、水逆行し、中国に氾濫す。
 翻訳:尭の時代に川の水が逆さまに行き、国じゅうを水浸しにした――『孟子』滕文公下
②原文:背丘、勿逆。
 訓読:丘を背にするは、逆(むか)ふる勿れ。
 翻訳:丘を背にした軍を迎えて戦うな――『孫子』軍争

①は順序や方向が普通とは反対になる(さかさま、あべこべ)の意味、②は出迎える意味で使われている。これを古典漢語ではngiăk(呉音ではギャク、漢音ではゲキ)という。これに対する視覚記号が逆である。屰にコアイメージの源泉がある。大(手足を広げて立つ人)の逆さ文字が屰である。逆さ文字は反対のイメージを作り出す機能がある。大は正常に立つ人の形で、これが普通であり、図示すれば↑の形である。これの反対は↓の方向である。進む場合は→の形に進んで来ることの反対は←の形に進むことである。→の形の方向に対抗して←の方向になる事態をngiăkというのである。これを表記するために「屰ゲキ(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」を合わせた逆が考案された。屰は→の方向に対して←の方向になること、つまり⇄の形や、←→の形や、→←の形(いずれも逆方向の形)というイメージを示す。したがって逆は逆方向に行く状況を暗示させる。
順序や方向が普通とは反対になることが第一の意味。←→の形のイメージから、正当な物事や道理にそむく(さからう)の意味に展開する。また→の方向に対抗して←の方向になるというイメージから、あちらから来る人を→←の形に出迎えるという意味を派生する。このように①と②はコアイメージからスムーズに説明できる。