「弓」

白川静『常用字解』
「象形。弓体の形。弓・九・丩などは、みな弓なりに、力を加えてまがるという意味があり、擬声語として一系列の語であろう」

[考察]
珍しく言葉の記述がある。しかし弓・九・丩に「弓なりに力を加えて曲がる」という意味はないし、弓(kiuəng)、九(kiog)は同系列語とは言えない。またkiuəngが擬音語に由来するというのも疑問。
意味とは言葉の意味であり、言葉が具体的文脈で使われる、その使い方である。弓が「ゆみ」の意味で使われているのは言うまでもない。この語は擬音語ではなく形態的特徴に由来する。古人は「弓は穹なり」と語源を説いている。kiuəngという言葉は「アーチ状、⁀の形をなす」というコアイメージがある。意味は「ゆみ」で、その語の深層構造にあるイメージが「⁀の形に曲がる」である。
意味とイメージは言語におけるレベルが違う概念である。深層におけるコアイメージが表層に現れたもの、つまり具体的文脈で使われるもの、それが意味である。