「糾」

白川静『常用字解』
「形声。音符は丩。丩は縄をより合わせる形。縄をより合わせるように多くの人を集めてまとめることを糾合といい、うまくまとまらずにごたごたすることを糾雑・紛糾という。また縄を使って罪人を捕らえ縛りあげるので、糾察・糾弾のように使い、“あざなう、ただす” の意味に用いる」

[考察]
糾合・紛糾・糾察・糾弾の説明はあるが肝心の糾の説明がない。また糾弾の意味が縄で罪人を捕らえ縛り上げることから出たというが、縄で縛ることは糾弾の意味には含まれないはずである。意味の展開は言語外のことによるのではなく、言語内のイメージ展開によることが多い。言葉のコアイメージを捉えることによって転義現象が説明できる。
まず糾の古典における使い方を調べる。次の用例がある。
①原文:其笠伊糾
 訓読:其の笠は伊(こ)れ糾(あざな)ふ
 翻訳:その笠は紐をより合わせて出来ている――『詩経』周頌・良耜
②原文:以五刑糾萬民。
 訓読:五刑を以て万民を糾(ただ)す
 翻訳:五つの刑罰と用いて人民を取り締まる――『周礼』秋官・大司寇

①は縄や紐をよじり合わせる意味、②は法やルールから外れないように取り締まる意味で使われている。この意味の言葉を古典漢語ではkiog(呉音・漢音でキウ)といい、糾で表記する。これは「丩(音・イメージ記号)+糸(限定符号)」と解析する。丩は二つの曲がった線を互い違いによじる様子を示す象徴的符号。「§の形によじり合わせる」というイメージを示している。これは引き絞る行為でもあるから、「引き締まる」というイメージにも転化する。糾は縄や紐をよじり合わせる情景を暗示させる。①の意味が素直に図形的意匠として表現されている。
意味の展開はコアイメージによって起こる。丩は「よじり合わせる」から「引き締める」というイメージに転化する。糾の意味もそれに応じて、引き締めて集める意味に展開する。これが糾合の糾。次に、②の意味に展開する。無秩序を取り締まるのは「引き締める」ことに他ならない。これが糾明・糾弾の糾である。