「巨」

白川静『常用字解』
「象形。直角に折れ曲がった物差し(さしがね)の形。矩(さしがね)は直線や直角を書くのに使う。鉅(おおきい)と通用して、“おおきい” という意味にも使われる」

[考察]
巨は「さしがね」の意味で、「おおきい」の意味は鉅の仮借とするのであろう。白川漢字学説は字形から意味を引き出す方法であり、形の解釈をそのまま意味とする。だから巨を「さしがね」の意味とし、そこで探求をやめ、言葉の問題を棚上げする。なぜ「おおきい」の意味になるかが結局分からず、仮借説に逃げる。
巨は「さしがね」の意味の用例がない。だから巨はその意味ではなく、次の用例のように最初から「おおきい」の意味である。
 原文:六合爲巨、未離其内。
 訓読:六合を巨と為す、未だ其の内を離れず。
 翻訳:宇宙はとても大きく、その中から外には出られない――『荘子』知北遊

巨はきわめて大きいという意味で使われている。この言葉を古典漢語ではgiag(呉音ではゴ、漢音ではキョ)といい、この聴覚記号を視覚記号に換えて巨とする。これは工の形の中央にコ形に取っ手のついた定規の図形である。漢字の造形法は実体にこだわらず、形態や機能を重視することがある。giagという言葉は「非常に大きい」という意味であるが、大(空間的に余裕があって大きい)とは違い、幅が広く離れた形をして大きいということである。これを図形として表すために大工道具(定規)を利用するが、形態や機能に重点を置いて造形するのである。定規は直角や方形を引くほかに幅も測った。形態的には工の上端と下端が離れている。機能的には二点間の距離を測る。だから巨は「二点間を隔てる」というイメージを表すことができる。「幅が隔たる」というのがgiagという言葉のコアイメージである。このコアイメージから「空間的に幅が隔たって大きい」という意味が実現される。巨大・巨人の巨とはA点からB点まで距離が離れていて大きいという意味である。
言葉のコアイメージを捉えれば、なぜそんな意味が生まれるかの理由を説明できるし、拒絶の拒、距離の距という同源グループも説明できる。