「挙」
正字(旧字体)は「擧」である。

白川静『常用字解』
「会意。與(与)と手とを組み合わせた形。與は与(二本の象牙を組み合わせた形)を四本の手で支える形で、協力して持ち運ぶの意味である。それにさらに手を加えて与を高く持ち挙げるのが挙で、“あげる、ささげる”の意味となる」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。與(組み合わさった二本の象牙を四本の手で支えて、協力して持ち運ぶ)+手→与(組み合わさった二本の象牙)を高く持ち挙げるという意味を導く。
図形的解釈をストレートに意味としている。象牙を持ち挙げるとはどういうことか。こんな意味はあり得ない。
意味とは言葉の意味であり、具体的文脈における言葉の使い方である。擧は次の用例がある。
 原文:火烈具擧
 訓読:火烈具(とも)に挙がる
 翻訳:火の手が一斉に上がった――『詩経』鄭風・大叔于田

擧は上に持ち上げる(高く上がる)の意味で使われている。この意味の古典漢語をkiag(呉音ではコ、漢音ではキョ)といい、これに対する視覚記号が擧である。分析すると「與+手」となる。與は「A+舁」と分析できる。Aは与の横棒が右端に突き抜けない形(現代中国の與の簡体字と同じ)。これは二つのものがᇅの形にかみ合うことを示す象徴的符号で、「かみ合う」「組み合う」というイメージを示す。舁は「𦥑(両手)+廾(両手)」を合わせた形で、四本の手(二人の手)である。上に持ち上げることを表す記号で、駕籠を舁(か)くの舁である。輿(こし)にも含まれている。Aも舁もヨという音がある。だからともに音・イメージ記号である。だからAと舁を合わせた與は「何人かが一緒に手を組む」「手をそろえて↗↖の形に持ち上げる」というイメージを示す記号となりうる。かくて「與(音・イメージ記号)+手(限定符号)」を合わせた擧は、両手をそろえて物を上に持ち上げる情景を暗示させる。
意味はただ「高く持ち上げる」である。片手を上げるのも挙といえる(挙手の挙)。