「御」

白川静『常用字解』
「形声。音符は卸シャ。卩は人が跪いて拝む形。古い字形では霊的な力をもつ幺(糸たばを拗った形)は午(杵の形)を拝み、天から神を降ろし迎えて邪悪なものを防いだ。災いを防ぐの意味には、のち禦(ふせぐ)の字を使う。御は“むかえる、ふせぐ”というのがもとの意味であるが、神を迎え神に仕えることから、“つかえる、もちいる”の意味となる。馭(のる)と音が同じであることから馭の意味にも使う」

[考察]
音符が卸というのは解せない。シャとギョは音が懸け離れている。
白川漢字学説には形声の説明原理がない。だからすべて会意的に説く特徴がある。本項でも会意的に解釈している。卩(跪いて拝む)+幺(霊的な力をもつ糸たば)または午(杵)→糸たばまたは杵を拝んで、天から神を降ろし迎える→災いを防ぐと意味を導く。だから御は「むかえる」と「ふせぐ」の意味だという。
卸の説明がないが、「卸」の項では「卸は幺や午を跪いて拝む形で、これを拝んで神を降ろし迎え、邪霊を禦ぎ御(おさ)める儀礼をいう。卸は御のもとの字であった」とある。しかし卸と御は音が違い過ぎるから、この説は成り立たない。また彳の説明がない。
ほかにも疑問点がある。①糸たばや杵になぜ霊的な力があるのか。②これを拝むことが、なぜ「天から神を降ろし迎えて邪悪なものを防ぐ」ことになるのか。
言葉という視点が欠けているのが白川漢字学説の特徴である。言葉の深層構造を探求せず、ただ字形から意味を求めるので、字形の解釈が恣意的で、意味展開の説明が皮相的になりがちである。

意味は字形にあるのではなく言葉にある。言葉を具体的に使う際、文脈から読み取れるのが意味である。御は古典で次のような用例がある。
①原文:之子于歸 百兩御之
 訓読:之(こ)の子于(ここ)に帰(とつ)ぐ 百両之を御す
 翻訳:この娘は嫁に行く 百台の車を操って――『詩経』召南・鵲巣
②原文:刑于寡妻 至于兄弟 以御家邦
 訓読:寡妻に刑し 兄弟に至り 以て家邦を御(おさ)む
 翻訳:夫人から兄弟まで みんなに手本を示し 家と国をうまく治めた――『詩経』大雅・思斉
③原文:我有旨蓄 亦以御冬
 訓読:我に旨蓄有り 亦(また)以て冬を御(ふせ)ぐ
 翻訳:私という旨いごちそうで あなたは冬をしのいだのね――『詩経』邶風・谷風
④原文:琴瑟擊鼓 以御田祖
 訓読:琴瑟鼓を撃ち 以て田祖を御(むか)ふ
 翻訳:琴をひき鼓を打って 田の神様をお迎えする――『詩経』小雅・甫田

①は馬や車を操る意味、②は天子・君主が人民を支配する(治める)の意味、③手強いものを押さえて防ぐ意味、④は出迎える意味に使われている。これらの意味をもつ古典漢語がngiag(呉音ではゴ、漢音ではギョ)である。これを表記する視覚記号が御である。御はどんな意匠をもつ図形か。
御は「彳+卸」ではなく、「午ゴ(音・イメージ記号)+卩(イメージ補助記号)+辵(限定符号)」と解析する。「彳+止」は辵と同じで、進行や歩行と関係があることを示す限定符号である(從の「彳+止」と同じ)。卩は背をかがめる人の形で、馬や車に乗る人を想定する。午が言葉の根源に関わる記号で、コアイメージを示す部分。午は杵の形である(515「午」を見よ)。杵は餅などを臼で搗く道具である。ただし実体に重点があるのではなく機能(用途)に重点がある。杵は↓の形に搗き下ろすと、次に↑の形に持ち上げる。上げ下げの動作を繰り返して搗くのが杵の用途である。だから「⇄の形に交差する」というイメージを示す記号になる。これは「逆方向に行く」というイメージにも転化する。したがって御は乗り手が→の方向に行こうとするもの(馬)を手なずけて、←の方向に行かせる情景を暗示させる。この意匠によって、扱いにくい馬や車を操ることを表している。
馬や車だけではなく、扱いにくいものをコントロールするという意味に転用される。人民を手なずけて支配するのが統御の御。機械類を使いこなす意味が制御の御。手強いものを押さえるのが防御の御。また、→の方向から来るものを←の方向に進み出て迎えるという意味を派生する。
以上のように、語の深層構造を探り、コアイメージを捉えるなら、御の意味展開の諸相を合理的に説明できる。