「京」

白川静『常用字解』
「象形。出入り口がアーチ形の城門の形。上に望楼があって、この城門を京観という。大きな城門であり、都をその門で守ったので、京は“みやこ” の意味となり、大きいの意味となる」

[考察]
城門を守ることから「みやこ」の意味が出たというが、この意味展開に必然性があるだろうか。城門の意味なら分からないでもないが、京に城門という意味はない。
意味とは言葉の意味であって、文脈で使われる意味である。
京は古典でどのように使われているかを見てみよう。
①原文:景山與京 降觀于桑
 訓読:山と京を景(はか)り 降りて桑を観る
 翻訳:山とおかを測量し 下りて桑の状況を観察する――『詩経』鄘風・定之方中
②原文:愾我寤嘆 念彼周京
 訓読:愾ガイとして我寤嘆し 彼の周京を念ふ
 翻訳:はっと目覚めてため息し 周のみやこを一途に思う――『詩経』曹風・下泉

①は「おか」の意味、②は「みやこ」の意味で使われている。これを意味する言葉を古典漢語ではkiăng(呉音ではキヤウ、漢音ではケイ)という。この聴覚記号を視覚記号に切り換えたのが京である。
京は『説文解字』で丘の形と見てから、これがほぼ定説である。ただし京の上部は「高」と共通のものを含むので、高と関係づける説もある。これに従えば、高い台地の上に楼閣が建っている図形と解釈できる。この意匠によって①と②の意味をもつkiăngを表記するのである。
しかし「おか」と「みやこ」は何の関係があるのか。古代では洪水などの害を避けるため、あるいは低湿の環境を避けるため、高いおか(台地)に都を造営したという。「おか」と「みやこ」は言語外の理由で結びつく。もっともよく考えると言語内の語義転化とも言える。京は高く見晴らしのよい台地なので、その地理・地形的特徴、また環境的特徴から、「高い」「大きい」「明るい」というイメージがあり、さらに心理的には「(風通しがよいため肌触りがよく)さわやか」というイメージもありうる。これらのイメージが京のグループ(京・景・鯨・諒・涼・椋など)のコアをなしている。だから京はこれらのイメージを媒介して、人の住む環境として最適な場所として国の中心である「みやこ」の意味にもなったと考えてよい。