「供」

白川静『常用字解』
「形声。音符は共。共は儀礼のときに使う呪器を両手にうやうやしく捧げ持ち、神を拝むことを示す字で、共は供と音・意味が同じ。供は両手で物を“そなえる、もうける(用意する)” の意味に使う」

[考察]
共に呪器を捧げ持って神を拝むといった意味はない。ただ「恭しく捧げ持つ」だけである。字形から意味を引き出すと余計な要素(意味素)が紛れ込む。言葉から出発する必要がある。
意味は言葉にあり、文脈における言葉の使い方が意味である。供は古典に次の用例がある。
 原文:無以供犧牲也。
 訓読:以て犠牲を供すること無きなり。
 翻訳:いけにえを供えることがない――『孟子』滕文公下

供は恭しく捧げ持つ意味で使われている。この意味の古典漢語をkiung(呉音ではク、漢音ではキョウ)といい、供と表記する。これは「共(音・イメージ記号)+人(限定符号)」と解析する。共は両手をそろえて物を恭しく差し上げる情景である(349「共」を見よ)。この図形的意匠で上記の意味をもつkiungを十分表記できる。しかし共が別の意味(一緒にそろって、ともに)に用いられるようになり、これと差別化をはかるため供が作られた。