「峡」
正字(旧字体)は「峽」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は夾。夾は人が両脇に人をかかえている形で、ものを挟むという意味がある。山が左右からせまり、山と山とに挟まれた狭い所(かい)を峡という」

[考察]
この字解は妥当である。ただし字形から意味を導くのがすべての漢字解釈に共通する白川漢字学説の特徴であり、欠点である。欠点というのは言葉という視点がすっぽり抜け落ちているからである。
漢字の正しい理解は言葉から出発し、文脈から意味を求め、その意味をもつ言葉がどのような意匠をもつ図形に表現されたかを探求することでなければならない。語源から字源へ進めるのが漢字解釈の筋道である。 
峡は漢代の文献に登場し、次の用例がある。
 原文:仿洋于山峽之旁。
 訓読:山峡の旁を仿洋す。
 翻訳:はざまのそばをさまよう――『淮南子』原道訓

注釈に「両山の間を峡と曰ふ」とある通り、はざまの意味で使われている。この意味の古典漢語をɦăp(呉音ではゲフ、漢音ではケフ)といい、これに対する視覚記号として峽が考案された。峽は「夾(音・イメージ記号)+山(限定符号)」と解析する。夾が語の深層構造、すなわちコアイメージを示す部分である。夾はどんなイメージを表そうとするのか。図形からヒントを求めよう。図形から意味を引き出すのはタブーであるが、どんなイメージが図形にこめられているかを見る分には参考にできる。夾は大(大の字型に立つ人)の両脇に小さな人を二つ向き合った形に添えた図形である。「→・←の形に真ん中のものを両側から挟む」というイメージが読み取れる。ɦăpという言葉(夾から展開する語群)はこのコアイメージをもつのである。世界にはそのようなイメージをもつ事態がいろいろな領域に存在する。山の領域に限定するのが山という限定符号である。山の領域で「→・←の形に真ん中のものを両側から挟む」というイメージをもつもの(地形)は「はざま」である。上記の用例はこのコアイメージが具体的な文脈で実現された意味である。
意味とは字形にあるものではなく、言葉に属するものである。言葉の深層構造にはコアイメージがあり、具体的な文脈で使用されるときに表層に現れるもの、これが意味である。深層にあるものはイメージであり、表層で実現されるのが意味である。「→・←の形に真ん中のものを両側から挟む」はɦăp(夾)のコアイメージであり、具体的な分野(領域)で使用されると挟となり、峡となり、狭となり、頰となり、莢となる。