「局」

白川静『常用字解』
「会意。尺と口とを組み合わせた形。尺は死者を埋葬するとき、その手足を折り曲げて埋葬する屈折葬の形。口はᄇで、死者の霊が安らかなことを祈る祝詞の文を入れる器の形。すなわち局は手足を折り曲げて身をかがめて埋葬する方法なので、局促(ちぢまること)の意味となり、局限(しきり)、局所・局部(身体の一部分)の意味となり、部局(一部分)のように使う」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。尺(手足を折り曲げて埋葬する屈折葬)+ᄇ(祝詞を入れる器)→ちぢこまる・しきり・一部分の意味を導く。
祝詞を入れる器は意味とどのように関わっているかが不明。また、手足を屈折する→「ちぢこまる」 は分かるが、なぜ「しきり」「一部分」の意味が出るのかが分からない。
いったい意味とは何なのか。意味は字形から出るものだろうか。
白川漢字学説では意味の定義がない。字形から意味を求める方法を「字形学」と称しているから、意味は字形にあることが当然とされている。しかしこれは言語学の定義に反する。言語学では記号素は音と意味の結合体と定義される。つまり意味は記号素の一要素なのである。古典漢語では一音節が一記号素を構成し、これを漢字一字で代替する。だから漢字一字で表される一音節語が記号素に当たる。局はgiuk(呉音ではゴク、漢音ではキョク)という一音節語を代替する。古典では次のように使われている。
①原文:謂天蓋高 不敢不局
 訓読:天蓋(けだ)し高しと謂ふも 敢へて局せずんばあらず
 翻訳:天はたとえ高いといっても 身をかがめずにはいられない――『詩経』小雅・正月
②原文:予髮曲局 薄言歸沐
 訓読:予が髪曲局す 薄(いささ)か言(ここ)に帰り沐せん
 翻訳:私の髪は曲がって縮んじゃった 家に帰って洗いましょう――『詩経』小雅・采緑

①は身をかがめる意味、②は縮まる意味に使われている。背や首や膝などの各部分を折り曲げると体は◠の形に小さく曲がる。この状態になるのが①の意味である。また、物が◠の形や◡の形に曲がると全体は小さくなり縮まる。これが②の意味である。②は①からの転義である。giukという語は「曲がった線(◠の形、◡の形、ᒪの形、∠の形など)で区切る」というコアイメージをもつ。区切るのは各部分に分けることでもあるし、分けると小さくなる。だから「曲がった線で区切る」のイメージは「小さい部分に区切る」というイメージに転化する。
最初のコアイメージである「曲がった線で区切る」というイメージを図形に表現したのが局である。これを分析すると「尺+口」になる。尺は親指と他の指をᑎの形に曲げた情景(手尺で長さを計るときの姿) を設定した図形で、「ᑎ形に曲げる」というイメージを表す記号になりうる。口は一定の場所や範囲を示す符号である。したがって局はある範囲や場所を曲がった線で区切る情景を暗示させる。これが局の図形的意匠である。ただし図形的意匠と意味は同じではない。意味は具体的文脈で使用され、文脈上から判断されるものである。
さて言葉の意味はコアイメージによって展開する。①から②へ、さらに、③場所や範囲を小さく区切る意味(局限・局在の局)、④狭く区切って分ける、小さく分けた部分の意味(局所・局部の局)、⑤いくつかの単位に分けて仕事や職務を取り仕切る所の意味(部局・薬局の局)、⑥石で地所を区切るゲーム(囲碁)をする盤面の意味(局面・大局の局)、⑦囲碁などの勝負事の意味(終局・名局の局)、⑧当面する情勢の意味(時局・破局の局)へと展開する。