「禁」

白川静『常用字解』
「会意。林は木の生い茂る所で、神の住む所とされた。示は神を祭るときに使う机である祭卓の形。祭卓を置き、神を祀る神聖な地域を禁という」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。林(木の茂る所、神の住む所)+示(祭卓)→祭卓を置き、神を祀る神聖な地域という意味を導く。禁止の意味は「そこは神のいる神域であるから、そこで鳥獣を捕ることを禁じ、俗人が立ち入ることを禁止した」ことから転じたという。
この方法の欠点は図形の解釈をそのまま意味とすること、言い換えれば図形的解釈と意味の混同である。その結果意味に余計な意味素が紛れ込む。あるいは、あり得ない意味が作り出される。
意味は古典の文脈から分かる。意味は字形にあるものではなく、言葉に属する観念である。それは言葉が実際に使われる文脈に姿を現す。文脈がなければ意味はない。
意味はすでに分かっているのに、分からない振りをして、字形から意味を引き出そうとするのが白川漢字学説の特徴である。分からない意味を求めて、字形を臆測で(勝手に)解釈するという欠点が生じる。恣意的解釈に歯止めがかからない。
勝手な解釈に歯止めをかけるのはコアイメージという概念である。言葉の深層構造にあるコアイメージを捉えて意味を確かめる語源的探求法である。古典漢語で「押さえ込んで差し止める」という意味をもつ言葉をkiəm(呉音ではコム、漢音ではキム)という。古人は金の語源を「金は禁(中にふさぐ)なり」と説いている。金は今がコアイメージの記号である。だから今・金・禁は同源で(音もイメージも同じ)、「中に入れてふさぐ」というコアイメージをもつ語である。「中に入れてふさぐ」というイメージは「押さえ込む」というイメージ、「閉じ込める」というイメージに展開する。かくて禁止の禁(押さえ込んで差し止める)、禁錮の禁(閉じ込める)という意味が実現される。
「中に入れてふさぐ」というコアイメージを表現するために考案された図形が禁である。これは「林(イメージ記号)+示(限定符号)」と解析する。林は木を並べた形だが、森や林に主眼があるのではなく、物を並べる(配列する)ことに主眼がある。つまり通行を遮る障害物の設置である。示は祭壇の形でもって神と関係がある状況を設定するための限定符号である。かくて「物を並べて境界を設け中に入れないように境界を設けた神聖な場所」という図形的意匠を作った。この意匠によって、「囲った内部に立ち入らないように仕切り線で押さえ止める」「物を中に閉じ込め、外に出さないように、仕切り線で押さえ止める」ことを表すことができる。