「区」
正字(旧字体)は「區」である。

白川静『常用字解』
「会意。匸の中にᄇ(祝詞を入れる器)を三つ置いている形。匸はひそかに儀式を行う聖所として匿されている場所。多くの祈りの器を並べて祈る場所を区という。祈りの場所を小さな区域にかこって祈るので、区は“くぎる、わかつ”の意味となる」

[考察]疑問点①祝詞は口で唱える祈りの言葉であるが、これを器に入れるとはどういうことか。祈りの内容を文字に写し、布や竹簡に書いたものを器に入れるのか。この器を並べて、祈るとはどういうことか。わざわざ器に入れる理由が分からない。②「ひそかに儀式を行う聖所として匿されている場所」とは何のことか。具体的なイメージが湧かない。③区に「多くの祈りの器を並べて祈る場所」という意味があるだろうか。④「祈りの場所を小さな区域にかこって祈る」とはどういうことか。こんな事態がありうるのか。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、意味の導き方は疑問だらけである。
いったい意味とは何か。言語学の定義では言葉(記号素)は音と意味の結合体である。意味は言葉に内在する概念である。言葉以外で意味をいうのは、比喩であるか、あるいは言葉による解釈を述べているに過ぎない。
「漢字の意味」 というのは便宜的な言い方で、実は漢字によって表記される漢語(古典漢語)の意味である。漢字という図形(字形)に意味があるわけではない。だから字形から意味を導くという方法は誤りと断じてよい。
意味は字形から知るのではなく、言葉の使用される文脈から知るのである。区は次の用例がある。
①原文:譬諸草木區以別矣。
 訓読:諸(これ)を草木の区クして以て別あるに譬ふ。
 翻訳:[君子の道はいろいろで]譬えてみれば草木に区別があるようなものだ――『論語』子張
②原文:肇造我區夏。
 訓読:肇めて我が区夏を造る。
 翻訳:初めて我が居住区である中夏を造った――『書経』康誥

①は小さく区切る(区分けする)の意味、②は何かの目的で区切った場所(区切り、仕切り)の意味で使われている。この意味をもつ古典漢語がk'iug(呉音・漢音でク)である。これの表記として考案された視覚記号が區である。區はどんな意匠をもつ図形か。
字源の解釈は語源の究明がないと恣意的になる畏れがある。語源は字源の勝手な解釈の歯止めになる。だから語源を先に検討する必要がある。
k'iug(區)、および區のグループ (傴・駆・軀・枢・欧・殴)が句のグループ(句・鉤・拘・狗・駒)や局・曲と同源の単語家族で、「曲がる、細かく入り組む」という基本義をもつとしたのは藤堂明保である(『漢字語源辞典』)。「曲がる」というイメージはᒥ・ᒪ・ᒣ・ᐱ・ᑎなどの形で、空間や範囲を折れ目で仕切ることになるから、「細々と狭い範囲に区切る」というイメージに転化する。このイメージを図形に表現したのが區」である。「匸( ᒪ形や⊂形の曲がった線で仕切ることを示す符号)+品(いくつかの場所や範囲)」を合わせて、曲がった線で小さな範囲に区切る情景を暗示させる。この図形的意匠によって①の意味をもつ古典漢語k'iugを代替する。