「空」

白川静『常用字解』
「形声。音符は工。工は虹のようにゆるく弓形に曲がっている形のものを示すことがあり、穴の上部がそのように曲がっているものを空という。空はもと穴の意味であった」

[考察]
『字統』の「虹」では「工は左右にわたって反りのあるものをいう」とある。虹という物理現象から工を「弓形に曲がっているもの」と解釈したのであろう。しかし「工」では「工具の形」とあり、「また呪的な行為のときの呪器として用いられる」と言い、巫に含まれる工と関連づけている。このように工の解釈が一定しない。これは白川漢字学説に形声の説明原理がないことの現れである。
形声ではなく会意的に説くのが白川学説である。工(弓形に曲がっている形のもの)+穴→穴の上部が弓形に曲がっているもの、つまり穴という意味とする。
工の解釈が疑問だから、空の解釈も疑問である。だいたい字形から意味を引き出す手法そのものが疑問である。意味は文字の形(字形)にあるのではなく、言葉に内在する観念だからである。
漢字を見る目(特に成り立ちの説明)は言葉という視点が重要である。形声の説明原理とは言葉の深層構造に掘り下げ、語源的に言葉のコアイメージを捉えて、言葉の意味と、意味の展開を合理的に説明する方法である。その意味は古典で実際に使用されている意味でなければならない。文脈のない意味は推測や臆測で勝手に与えられたもので、それは言葉の意味とは言えない。空は古典で次のように使われている。
①原文: 大風有隧 有空大谷
 訓読: 大風隧スイ有り 空なる大谷有り
 翻訳: 大風には通り道がある 空っぽな大きな谷がある――『詩経』大雅・桑柔
②原文: 張騫鑿空。
 訓読: 張騫チョウケン空を鑿(うが)つ。
 翻訳: 張騫は未知の世界を開通した――『史記』大宛列伝

①は中に何もない(からっぽ、空いている)の意味、②は穴の意味で使われている。①が最初の意味で、②の穴の意味はかなり遅く現れる。
中に何もない状態を意味する言葉を古典漢語ではk'ungという。この聴覚記号を代替する視覚記号として空が考案された。これは「工(音・イメージ記号)+穴(限定符号)」と解析する。工がコアイメージに関わる基幹記号である。工は二線の間を縦の一線で突き通すことを示す象徴的符号である。これで「突き通す」「突き抜ける」というイメージを表すことができる(525「工」を見よ)。空は穴が突き抜けている情景を暗示させる。上下の間の空間内を↓の形に突き抜けると、その部分はからっぽになり、何もない空間になる。だから①の意味をもつk'ungという語を空の図形で表記する。
意味はコアイメージによって展開する。「突き通る」「突き抜ける」がコアイメージである。突き抜けた後の軌跡はまさに何もない空間だから、①の意味が実現される。ここから「何もない状態にする(むなしくする)」という動詞的用法が生まれる(空前の空)。突き抜けた途中は何もないから②の穴の意味が生まれる(空洞の空)。また何もない空間は「そら」でもある(天空の空)。一方、物事を空間化させて、ある範囲の中に何かがない(欠落している)という意味にも転じる(空席の空)。また中身・実質がないという意味にもなる(空疎の空)。