「遇」

白川静『常用字解』
「形声。音符は禺。禺は顒然として(じっと坐っている様子)うずくまるような姿の獣の形。神像や人に似せて作った木偶・土偶は、頭部がやや大きい形に作られることが多い。その人形のものを偶人という。それは神秘的で不思議なものであるので、そのようなものに出会うことを遇という」

[考察]
「偶」の項では人形を二つ並べて副葬品にするから「ならぶ、偶数」の意味になったと言い、本項では人の形をした偶人が神秘的で不思議な形だから、不思議なものに出会うことが遇であると言う。意味の導き方があまりに必然性を欠く。
字形から意味を導く方法に問題がある。意味は字形から出るものではなく、文脈における言葉の使い方が意味である。文脈を離れては意味はない。遇は古典でどんな文脈で使われているかを見てみよう。
①原文:邂逅相遇 適我願兮
 訓読:邂逅して相遇ふ 我が願ひに適(かな)へり
 翻訳:[二人は]思いがけずばったり出会った 私の願いは遂げられた――『詩経』鄭風・野有蔓草
②原文:秦王乃喜受其幣、而厚遇之。
 訓読:秦王乃ち喜んで其の幣を受けて、厚く之を遇す。
 翻訳:秦王は快く礼物を受け取り、手厚く彼をもてなした――『戦国策』趙策

①は予期せずに出会う意味、②は待ち受けて接待する(もてなす)の意味に使われている。この語を古典漢語ではngiug(呉音・漢音でグ)という。これを代替する視覚記号が遇である。「禺(音・イメージ記号)+辵(限定符号)」と解析する。禺は「A(本物)とB(にせもの)が並ぶ」「似たものが二つ並ぶ」というイメージがある(401「愚」、404「偶」を見よ)。ある人と別の人がある地点でAーBの形に出会って並ぶという意匠が作られたのが遇である。
意味はコアイメージによって展開する。「Aと非A(Aと似ているがAではないもの)が並ぶ」というのが禺の原初的なイメージである。男女が出会って連れ合い(カップル)を作るのが偶であるが、この出会いは予期せぬものである。見知らぬ男女が結ばれることは予期しないことであり、偶然である。かくて「Aと非Aが並ぶ」というイメージから「予期せずに出会って並ぶ」というイメージに転化する。このイメージをはっきりさせたのが遇という語である。「予期せずに出会う」ことを遇という。
一方、「似たものが二つ並ぶ」というイメージは「AとBが出会ってAーBの形に並ぶ」というイメージにもなる。これも遇の意味の一つである。やって来るAをBが待ち受けて、出会って並び、Aをもてなすという意味に展開する。待ち受けて接待する意味である(待遇・処遇の遇)。
白川は「それ[禺]は神秘的で不思議なものであるので、そのようなものに出会うことを遇といい、偶人のようなものに出会うことは常ならぬことであるから遇然といい、大切に扱う必要があるので優遇のようにいう」と述べているが、禺という実体に引きずられた解釈である。