「隅」

白川静『常用字解』
「形声。音符は禺。禺は顒然として(じっと座っている様子)うずくまるような姿の獣の形。阜(阝)は神が天に陟り降りするときに使う神の梯の形であり、そこに不思議な形の禺を置くのは、隅が神聖にして接近してはならぬ所であるからである。それで隅は“すみ、くま、かど” の意味となる」

[考察]
疑問点①神が天に上り下りする梯とは何のことか。それを見た人がいたから「阜」という図形が描かれたのであろうが、実在とはとうてい思えない。想像的な物を漢字の説明に持ち込んでいる。②その梯に(梯のどこに?)不思議な形の禺を置くとはどういうことか。これも想像的な情景。③隅が神聖な場所だから、隅は「すみ」の意味になったとはどういうことか。前の隅は梯のある「すみ」、後の隅は一般の「すみ」なのか。そもそも神の梯に禺を置くことがなぜ「すみ」の意味になるのか。
疑問だらけの字源説である。字形から意味を求めようとするのは無理である。というより誤った方法である。意味は字形にあるものではなく、言葉に内在する観念である。言葉が文脈 で使用される際に判断され理解されるのが意味である。古典で隅は次のような文脈で使われている。
 原文:三星在隅
 訓読:三星隅に在り
 翻訳:三つ星は家のすみにある――『詩経』唐風・綢繆

隅は「すみ」や「かど」の意味で使われている。三つ星が家の隅にあると言っているのは、三つ星が軒端から見える位置に来ていることを表現したものである。隅は∠の形やᒪの形やᒣの形をした場所、山や建物などの「すみ」や「かど」のことである。これを古代漢語ではngiug(呉音・漢音でグ)といい、隅という視覚記号で表記した。
隅は「禺(音・イメージ記号)+阜(限定符号)」と解析する。禺が言葉の深層構造、すなわちコアイメージに関わる記号である。どんなイメージか。禺は「似たものが二つ並ぶ」というイメージがある(401「愚」を見よ)。「二つ並ぶ」を図示すれば〓の形や▯▯の形であるが(偶のイメージはこれ)、「出会う」の意味の遇では↗の方向から来るものと↖の方向から来るものが↗↖の形に出会う姿でもよい。これは∧の形である。二つの線が平行ではなく交わった形も「二つが並ぶ」から転じたイメージと考えてよい。∧の形は視点を変えれば∠・ᒪなどの形にもなる。山などの地形で、一部がへこんで∠・ᒪの形を呈した場所が隅である。阜(阝)は積み上げた土の形で、山・丘・段々などと関係のある領域に限定する限定符号である。ただし隅は山や丘の「すみ」「くま」に限るわけではなく、家や建物の「すみ」、一般に「すみ」「かど」にも適用される。