「屈」

白川静『常用字解』
「象形。尾を曲げて、かがむような姿勢をしている獣の形。屈は獣が尾を捲いてうずくまる形であるから、“かがむ、尾をまげる” という意味となり、のち広く“まげる、まがる”の意味となる」

[考察]
字形の解剖に問題がある。篆文は明らかに「尾+出」となっている。屈の全体がうずくまった獣の形には見えない。屈伸の屈は「かがむ」の意味で、出からの説明ができないので、全体を象形文字とし、うずくまる→かがむという意味を導いたとしか思えない。
屈は古来出を音符とする形声文字とされている。白川漢字学説では形声の説明原理がなく、すべて会意的に説く特徴がある。しかし出から会意的に解釈するのは困難と見て、全体を象形文字とした。
意味は字形にあるのではなく、言葉にある。言葉の使い方が意味である。屈は次の用例がある。
 原文:尺蠖之屈以求信也。
 訓読:尺蠖セキカクの屈するは、以て信(の)びんとするを求むるなり。
 翻訳:シャクトリムシがかがむのは、次に伸びたいためだ――『易経』繫辞伝下

屈は体を曲げてかがむ意味で使われている。上の文脈ではᑎの形に身を曲げることである。この言葉を古典漢語ではk'iuət(呉音ではクチ、漢音ではクツ)という。これの視覚記号として屈が考案された。篆文では「尾+出」であったが、隷書・楷書では「尸+出」と字体が変わった。篆文から解釈すると、「出(音・イメージ記号)+尾(限定符号)」と解析する。出にコアイメージの源泉がある。出は「止(あし)+凵(くぼみ、へこみ)」を合わせて、凹みから上に突出する状況を設定し、t'iuət(出)という語は一線から上方にぽこんと出る(突出する)というイメージがある(「出」で詳述)。図示するとᐱの形、「上方に突き出る」というイメージである。↑の方向の視座を↓の方向に変えると、イメージが反転し、ᐯの形、すなわち「下方にへこむ」というイメージに転化する。イメージは視座の置き方、視座の切り換えによってさまざまに転化する。これは言葉を作る技術でもある。意味展開もイメージの転化によることが多い。
さて尾は尻の部分を指すための限定符号である。屈はまっすぐに立つ人が尻を後方にぽこんと突き出してへこませる情景を暗示させる。これは体をかがませるときの姿勢である。したがって「かがむ」を意味する言葉であるk'iuətを屈で表記するのである。
篆文の後の字体である隷書になって「尸+出」に字体が変わった。尸は人が尻を突き出した形で、尻に関わる限定符号に使われる。この場合は「尾+出」の字体と内容は変わらない。尸のもう一つの働きは人や人体と関わる限定符号である。後者が限定符号になると内容が変わってくる。出はᐱの形に突き出るというイメージと、ᐯの形、「下方にへこむ」というイメージがある。ᐱの形は◠の形に曲がるというイメージにも転化する。裏返すと◡の形にへこむというイメージになる。◠と◡は視点の違いに過ぎない。「出(音・イメージ記号)+尸(限定符号)」を合わせて、人が◠の形に体をかがませる情景を暗示させる。シャクトリムシが進むときのᑎの形も同じことである。
字体が「尾+出」から「尸+出」に変わったのは、「身をかがめる」の意味に最も相応しい造形を工夫した結果である。