「堀」

白川静『常用字解』
「形声。音符は屈。屈は尾を捲いてうずくまる獣の姿で、その獣の住む穴を窟、土を堀り崩して作った住む穴を堀といい、“あな” の意味となる」

[考察]
白川漢字学説には形声の説明原理はなく、すべて会意的に説くが特徴である。屈(尾を捲いてうずくまる獣)+土→土を掘り崩して作った住む穴の意味を導く。うずくまった獣からなぜ「穴」の意味が出るのか分からない。
この字源説には言葉という視点がない。言葉の深層構造に掘り下げ、コアイメージを捉え、語源的に意味を考究するのが形声の説明原理である。
古典では堀は土中の穴の意味で使われている。屈は「下方にへこむ」「◡の形を呈する」というイメージがある(407「屈」を見よ)。「屈(音・イメージ記号)+土(限定符号)」を合わせた堀は、土を掘ってへこませた穴を暗示させる。
意味の深層構造にはコアイメージがある。深層のコアイメージが表層に現れたのが意味である。屈のコアイメージ(「下方にへこむ」)が堀の意味(土を掘った穴」)を実現させる。 
なお「ほり」の意味は日本的展開である。