「君」

白川静『常用字解』
「会意。尹は|(杖)を又(手の形)で持つ形で、神に仕える聖職者をいう。杖は神の杖で、ここに神を呼び招くことができた。口はㅂで、祝詞を入れる器の形である。君とは神の杖を持ち、祝詞を唱えて神を呼び寄せることができる巫祝の長であった」

[考察]
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。尹(杖を手に持つ)+口(祝詞を入れる器)→巫祝の長という意味を導く。巫祝の長の意味から、「君主、統治者、きみ」の意味になったという。
口は「くち」ではなく、祝詞を入れる器とするのは白川学説の根幹であるが、祝詞とは口で唱える祈りの言葉、つまり聴覚言語である。これを器に入れるとはどういうことか。器に入れておきながら、「祝詞を唱えて神を呼び寄せる」とはどういうことか。もともと器に入れる必要があったのか。口を含むすべての漢字解釈にこの疑問が付きまとう。
字形から意味を読み取る漢字学説は言語学に反する。というのは意味とは「言葉の意味」であって、「字形の意味」ではないからである。言葉が実際に使われる際にコンテキストから読み取るものが意味である。文脈がなければ意味は取りようがない。君の使われている古典の文脈を見てみよう。
①原文:穆穆皇皇 宜君宜王
 訓読:穆穆たり皇皇たり 君に宜し王に宜し
 翻訳:奥ゆかしく輝かしく 君主にふさわしい 王にふさわしい――『詩経』大雅・仮楽
②原文:顏如渥丹 其君也哉
 訓読:顔は渥丹の如し 其れ君なる哉
 翻訳:顔はつややかな赤ら顔 ほんとうに貴公子さまだ――『詩経』秦風・終南

①は民を支配し治める人(天子・殿様・君主)の意味、②は諸侯・公子や実力者、また、教養のあるものに対する尊称である。また男子の尊称や上位者の敬称にも使われる。①が最初の意味で、これを古典漢語ではkiuən(呉音・漢音でクン)という。この聴覚記号を視覚記号に切り換えたのが君である。これはどんな意匠をもつ図形か。ここから字源の話になるが、字源の前に語源が先立つべきである。語源の究明がないと勝手な字源説が生まれる。語源は字源の恣意的解釈の歯止めになる。
古人は「君は群なり」という語源意識をもっていた。すでに『荀子』に「君とは何ぞや。能く群するを曰ふなり」とある。群れをよくまとめるものが君という考えである。藤堂明保は君のグループ(君・群・郡)を軍・昆・勻などのグループと同源で、「丸い・めぐる・取り巻く」という基本義をもつ単語家族としている。「丸く取り巻く」は「満遍なく行き渡る」「全体をまとめる」というコアイメージと言い換えることができる。群とは↺の形に丸く取り巻いて全体がまとまったものである。kiuənという語はこのコアイメージをもつ単語家族の一員として意識されて造語されたものである。
君は「尹イン(音・イメージ記号)+口(限定符号)」と解析できる。尹がコアイメージと関わる記号である。尹は「|(縦棒)+又(手)」を合わせて、指揮棒を手に持って采配する情景を設定した図形。この意匠によって全体(群れなど)を一つにまとめるというイメージを表すことができる。口は言葉と関わることに限定する符号である。したがって君は号令(指図)をして全体をまとめる状況を暗示させる。この図形的意匠によって、上に立って支配し治める者(統治者)を意味するkiuənを代替させる。