「軍」

白川静『常用字解』
「象形。車の上に立てた旗が靡いている形。将軍の乗る兵車の旗を振って全軍を指麾することを揮という。そこで将軍の乗る兵車である軍は、“いくさ、いくさする” の意味になる」

[考察]
象形文字とするのが奇妙である。明らかに車という独立字を含むから会意文字のはず。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法である。「車の上に立てた旗」と見るから、旗に主眼があるのであろう。そうすると軍とは「将軍の乗る兵車の旗」という意味なるのか、それとも「将軍の乗る兵車」という意味なのか。軍を将軍で説明しているが、将軍の軍とは何なのか。意味の展開が曖昧模糊として分かりにくい。
古典の実際の用例を見てみよう。
①原文:其軍三單 度其隰原 徹田爲糧
 訓読:其の軍は三単 其の隰原を度り 田を徹(おさ)め糧と為す
 翻訳:軍を三つの隊に分け 沢と原を計測させ 田畑を治め糧を作る――『詩経』大雅・公劉
②原文:軍於邯鄲之郊。
 訓読:邯鄲の郊に軍す。
 翻訳:邯鄲の郊外に駐屯した――『戦国策』斉策

①は兵士の集団の意味、②は陣地(上の文脈では動詞)の意味で使われている。これらの意味をもつ古典漢語がkiuən(呉音・漢音でクン)である。これを代替する視覚記号として軍が考案された。
まず語源であるが、『説文解字』に「軍は圜囲(丸く囲む)なり」と、圜(まるい)で説明している。これは軍と圜が同源だからである。藤堂明保はほかに君のグループ(君・群)、韋のグループ(囲・衛・違)などとも同源で、「丸い・めぐる・取り巻く」という基本義があるとした。kiuənという語は「丸く取り巻く」というコアイメージをもつとしてよい。
このコアイメージをもつkiuənを図形として表現したのが軍である。分析すると「勹+車」となる。金文・篆文はともに勹の形で、隷書・楷書から冖に変わった。勹は旬・勻に含まれ、腕を↺の形にぐるりと回す情景である。軍は「勹(イメージ記号)+車(限定符号)」と解析し、車で丸く取り巻いて陣地を作る情景を設定した図形である。この図形的意匠は②の意味を暗示させるが、①の意味が古い。陣営に駐屯する兵士も↺の形に群れをなした集まりだから、兵士の集団をkiuənというのである。