「兄」

白川静『常用字解』
「会意。口と人(儿)とを組み合わせた形。口はᆸで、祝詞を入れる器の形。兄はこのᆸを頭上に載せている人を横から見た形で、神を祭る人をいう。兄弟のうちで家の祭りごとを担当したのが長男であったので、兄は“あに” の意味となる」

[考察]
字形の解剖に疑問がある。象形文字とするのが古来の定説だが、白川は敢えて会意文字とする。それはᆸを「祝詞を入れる器」として切り離したいからであろう。しかし「ᆸを頭上に載せた人」とは何のことか。祝詞は口で唱える言葉である。祈りの内容が含まれている。これを器に入れるには文字に写して竹簡・木簡や布などに書く必要がある。祈りの内容によっては膨大な量になる。これをどんな器に入れるというのか。陶器ではなく木製の箱であろうか。それも大きな箱になるだろう。これを頭に載せる図はとうてい考えにくい。
白川は兄は「神を祭る人」で、長男が祭りを担当したから、兄は「あに」の意味になったというが、長男が担当する祭りとは何だろうか。せいぜい先祖の祭りぐらいであろう。しかし長男が担当するという決まりがあったのだろうか。これも疑問である。
字形から意味を導くというのが白川漢字学説の方法であるであるが、意味の導き方は必然性・合理性に欠ける。
そもそも意味とは何か。漢字は漢語を表記する文字体系である。言葉を別の記号に切り換えたのが文字である。意味は言葉の意味であることは明白である。言語学の定義では言葉(記号素)は音と意味の二要素の合体したものである。意味は言葉に内在する観念である。白川漢字学説は言葉という視点が全くない。だから意味を字形に求める。これは言語学に反する方法である。
兄を解釈するにはまず兄が使われている文脈を調べ、意味を確定し、次に語源を究明し、その後で字源を検討すべきである。形→意味の方向ではなく、意味→形の方向に漢字を見るのが正しい見方である。
兄は古典に次の用例がある。
 原文:宴爾新昏 如兄如弟
 訓読:爾の新昏を宴(たのし)みて 兄の如く弟の如し
 翻訳:お前は新妻と楽しんで 兄弟のようなむつまじさ――『詩経』邶風・谷風
明らかに兄は「あに」の意味である。弟に対して年長の者である。これ以外の意味はない。古典漢語では「あに」をhiuăng(呉音ではキヤウ、漢音ではケイ)という。古人は「兄(hiuăng)は荒(huang、大きい)なり」と語源を捉えている。兄は弟と比べると年かさも大きいし、体も大きく成長している。だからhiuăngという語には「(比較して)大きい」というコアイメージがある。このイメージをもつhiuăngを図形化したのが兄である。上部はᆸ、下部は儿(二本の足をもつ人体)であるが、上下は切り離すべきではなく、全体が象形文字である。ᆸは大きく成長した頭部を示している。泉門(おどり)がまだ閉じていない小児を表す兒とちょうど対照的である。完全に成長した頭部を強調したのが兄の図形である。「(比較して)大きい」のイメージを十分兄の図形で表すことができる(ちなみに356「況」を見よ)。かくて「あに」を意味する古典漢語hiuăngの代替記号として兄が生まれたのである。