「系」

白川静『常用字解』
「象形。飾り糸を連ねて垂れている形。垂れている糸飾りであるから、繫(かける)と通用することが多い。“いとすじ、糸” の意味から、のち血すじ、家すじなどすべて連なるものをいう」

[考察]
字形から意味を導くのは問題だが、結論はほぼ妥当である。
『管子』に「未だ系を為さず」(まだ一連の糸になっていない)という用例があり、一つながりの糸の意味で使われている。この言葉を古典漢語では ɦer(呉音ではゲ、漢音ではケイ)といい、系の視覚記号で表記した。古人は「系は繫(つなぐ)なり」と語源を捉えている。系・繫・継・奚(渓・鶏の基幹記号)などは同源のグループであり、「一筋につなぐ」という共通のコアイメージがある。
「一つながりの糸」を意味するɦerを図形化したのが系である。これはどんな意匠をもつのか。ここから字源の話になる。篆文と楷書は同じで、「丿(イメージ記号)+糸(限定符号)」と分析できる。丿は延ばし引くことを示す象徴的符号である。したがって系は糸をつないでずるずると延ばす(糸を一筋につなぐ)状況を暗示させる。この図形的意匠によってɦerを代替する視覚記号とした。