「茎」
正字(旧字体)は「莖」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は坙ケイ。 坙は織機にたて糸をかけ渡し、下端に横木をつけて糸をまっすぐ張っている形。草かんむりを加えて、草の直立している部分の“くき”を茎という。坙には直線的なものの意味があるから、人体では頸(くび)・脛(すね)といい、直線的なものは強いので勁という」

[考察]
今まで白川漢字学説には形声の説明原理がないと指摘してきたが、珍しく坙のグループ(径・茎・経・軽・頸・脛・勁)は妥当な解釈をしている。ただし「坙には直線的なものの意味がある」として、会意的な解釈の余地は残っている。坙に「直線的なもの」という意味があるのではなく、「まっすぐ」というイメージがあるというべきである。形声の原理とは言葉の深層におけるコアイメージを捉えて意味を説明する方法なのである。
字形から意味を導くのが白川漢字学説の方法であるが、これは逆立ちした字源説である。坙のグループはたまたま字形から意味を引き出せたが、うまく引き出せない場合がむしろ多い。図形的解釈と意味は必ずしも一致しないからである。
茎の場合もまず意味を古典の文脈で調べ、なぜ「くき」の意味をもつ言葉が莖という記号で表されるかを考えるべきである。形→意味の方向ではなく、意味→形の方向へ、漢字の見方を逆転させる必要がある。
茎は古典で次の用例がある。
 原文:名曰射干、莖長四寸。
 訓読:名づけて射干ヤカンと曰ふ。茎は長きこと四寸。
 翻訳: その植物の名をヒオウギと言う。茎の長さは四寸である――『荀子』勧学
古典漢語で草木のくきをɦĕng(呉音ではギヤウ、漢音ではケイ)という。これを表記する視覚記号が莖である。莖は「坙(音・イメージ記号)+艸(限定符号)」と解析する。坙は「縦にまっすぐ通る」というイメージがある(431「経」を見よ)。したがって莖は縦にまっすぐ伸びた草木のくきを暗示させる。