「恵」
正字(旧字体)は「惠」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は叀ケイ。叀 は上部を括った橐(ふくろ)の形で、これを恵(めぐむ)の意味に用いるのは叀の意味には関係なく、そのケイという音だけを借りて用いる形声の用法である。古くは恵はめぐむというよりも、むしろ“つつしむ、いましむ”という緊張した心の状態をいう使用例が多い。そのように気を張って気配りすることから、“めぐむ、いつくしむ”の意味となったものであろう」

[考察]
叀の字源については諸説紛々であるが、従来の学説はほぼ二説にまとめられる。①惠の原字説と、②專の原字説である。しかし①は叀がなぜ「めぐむ」を表すかの説明がつかない。そのため白川は叀はケイという音を表すだけの音符と見た。これでは何の解決にもならない。叀を惠の代わりに用いたのは惠の偏を省いた略字と見るのがよい。だから形声説は当たらない。そうすると②の説に落ち着く。上記の白川説は否定される。では惠をどう解釈すべきか。
叀→專→塼 (磚・甎)と展開する。叀は紡専(紡塼 )を描いた象形文字である。紡専とは紡錘(下に陶製の丸い煉瓦をぶら下げ、それを回転させて紡いだ糸を巻き取る装置)である。ただし実体に焦点があるのではなく、形態や機能に焦点がある。したがって「丸く回る」「丸く巻く」というイメージを表すことができる。このイメージは「(周辺から中心に向けて)丸く抱き込む」というイメージに転化する。惠は「叀(イメージ記号)+心(限定符号)」を合わせて、相手を自分の方へ抱き込む心を暗示させる。これは図形的意匠であって意味ではない。惠はどんな意味で使われるのか、古典における文脈を調べてみる。
①原文:惠而好我 攜手同行
 訓読:恵みて我を好まば 手を携へて同(とも)に行かん
 翻訳:私を愛してくれるなら 手に手を取って一緒に行こう――『詩経』邶風・北風
②原文:賤者惠焉。
 訓読:賤者は焉(これ)に恵む。
 翻訳:卑しい者には恵んでやる――『荀子』大略

①は相手を優しく思いやる(愛する)、温かい思いやりという意味、②は思いやりの心で物を与える(施し与える)という意味で使われている。この言葉を古典漢語でɦuəd(ɦuei、呉音ではヱ、漢音ではクヱイ)という。この聴覚記号を視覚記号に替えたのが惠である。上記の通り「相手を自分の方へ抱き込む心」が図形的意匠である。これで①の意味をもつ言葉を表す工夫が十分なされていると言えよう。