「経」
正字(旧字体)は「經」である。

白川静『常用字解』
「形声。音符は坙ケイ。坙は織機にたて糸をかけ渡し、下部に工の形の横木をつけて糸を縦に張った形で、織機のたて糸をいう。これに対し、よこ糸を緯という。両者を合わせて、ことの成り行き、すじみちを経緯という。経緯より経過・経験の意味となる」

[考察]
坙の字源は妥当である。ただし坙だけで「織機の縦糸」の意味とし、経過・経験を経緯からの転義と見ている。これは妥当であろうか。
まず經が古典でどのように使われているかを見てみよう。
①原文:經始靈臺 經之營之
 訓読:霊台を経始す 之を経し之を営す
 翻訳:聖なるうてなを築こうと 土地を測って区画をつける――『詩経』大雅・霊台
②原文:匪先民是程 匪大猷是經
 訓読:先民を是れ程とするに匪(あら)ず 大猷を是れ経とするに匪ず
 翻訳:昔の人を手本にしようともせず 遠大な計画に筋道をつけようともしない――『詩経』小雅・小旻

①はまっすぐな筋(境界線)を通して測る意味、②は物事の筋道を通す(筋道をつけて治める)という意味で使われている。①と②が最初に現れるkengという語の意味である。これを表記するのが經である。「坙ケイ(音・イメージ記号)+糸(限定符号)」と解析する。坙は織機に縦糸を張った図形で、「縦にまっすぐ通る」 というイメージを表すことができる。だから經は縦にまっすぐ糸を通す情景を暗示させる。kengという言葉は「縦にまっすぐ通る」「まっすぐな筋」というコアイメージを持つ言葉である。このコアイメージが①と②の意味を実現させた。
語史的に見ると、①②が古く、ついで③空間や時間をまっすぐ通っていく意味(経過の経)、④時代を通って変わらぬ筋道、不変の教え、不変の教えを説いた書物の意味(経典の経)などに展開する。その間に「縦糸」「縦の線」(経緯・経度の経)の意味も生まれた。歴史的にはこの通りであるが、論理的な意味の展開は①縦糸、②縦に通る筋、次に上記の①②を接続させてもよい。しかし意味の展開は「縦にまっすぐ筋が通る」というコアイメージによるのである。